ローソン、会員データ×AIでレシート広告をカスタマイズ--ローソンアプリへの広告配信も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ローソンは10月26日、会員データとAIを活用したレシートやローソンアプリへの広告配信事業を2022年3月より開始すると発表した。


実証実験で使用したレシートデザイン
実証実験で使用したレシートデザイン

 ローソンでは、会員データの購買履歴や性年代、価値観から、対象となる商品に興味を持ちそうな利用者を推測して割引券などを発行してきた。今回発表した新事業では、それらのデータをAIで解析し、対象者とその特徴を抽出、対象者個人の価値観に合わせたデザインとキャッチコピーをレシート広告として発行する。

 8月に実施した実証実験では、AIが抽出した20万人に対しレシート広告を発行。「ダイエット志向が高い」「癒されたい」「新しい事への興味が高い」の3パターンを用意し、ユーザーの価値観特徴に合わせて配信したところ、会員全体の平均購入率に対して、レシート広告を出した場合では12倍という結果になったという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]