ベライゾンがアマゾンと提携、衛星プロジェクト「Project Kuiper」で通信網を強化

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年10月27日 13時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Verizon CommunicationsとAmazonが新たな接続プロジェクトで協力する。米国最大の通信事業者であるVerizonは、自社の無線ネットワークを強化するためにAmazonに目を向けた。両社は米国時間10月26日、「戦略的な協力体制」に入ったことを明らかにした。その目的は、「Verizonの地上モバイルネットワークとAmazonの地球低軌道(LEO)衛星ネットワークを組み合わせる」ことだという。Amazonの衛星ブロードバンド計画は「Project Kuiper」と呼ばれている。

Verizonのロゴ
提供:CNET

 Project Kuiperが目指すのは、Amazonと競合するSpaceXとその「Starlink」プログラムと同様に、地球を周回する衛星群を利用し、上空から地上に向けてインターネット信号を送信することだ。今回の提携により、Verizonは光ファイバーの中継回線の代わりにAmazonの衛星群を利用できる可能性がある。実現すれば、高速で信頼性の高いインターネットサービスが提供されていない地域(特に地方部)に、携帯端末の基地局を設置できるだろう。

 Project Kuiperを基地局の中継回線に利用することで、Verizonは、ユーザーに新たな無線機やデバイスなどを用意してもらうことなく、既存の4G LTEおよび5Gの通信範囲を拡大できる可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]