アマゾンの衛星ブロードバンド計画「Project Kuiper」、9機のロケットを確保

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年04月20日 11時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonの「Project Kuiper」は米国時間4月19日、インターネットを利用できない世界各地にネット接続サービスを提供する低軌道衛星を打ち上げるために、9機の「Atlas V」ロケットを確保したことを明らかにした。ロケット打ち上げサービスを手掛けるUnited Launch Alliance(ULA)との提携により実現した。

Atlas V
Atlas V打ち上げの予想図
提供:Amazon/ULA

 Jeff Bezos氏率いる宇宙ベンチャー企業のBlue Originとは別の事業体として運営されているProject Kuiperは、3200基以上の衛星を打ち上げて軌道上に投入する計画を掲げており、そのためには複数の打ち上げパートナーが必要になるとしている。最終的には、最大400Mbpsのインターネット接続を可能にする衛星コンステレーションを構築し、専用アンテナを設置した家庭や企業がその信号を受信できるようにする計画だ。

宇宙空間のAtlas V
宇宙を飛ぶAtlas Vの予想図
提供:Amazon

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]