freecleのワイヤレス集音器「able aid」が取り扱い店舗を拡大

加納恵 (編集部)2021年10月29日 12時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freecleは、ワイヤレス集⾳器 「able aid」の販路を全国に広げると発表した。ヤマダデンキ、東京メガネなどの各店舗おいて11月から販売を開始する。税込価格は4万3780円。

「able aid」
「able aid」

 able aidは、イヤホンのような形をしたワイヤレス集⾳器。独⾃開発の⾳声テクノロジーにより耳のピントをあわせ、聴く⼒を向上できる。独⾃のコミュニケーションフォーカス機能を備え、騒がしい場所でノイズを抑制し、対⾯する⼈の声が聴こえやすくすることが可能。最新のノイズサプレッサー技術により、雑⾳を除去しながら、⺟⾳は⼩さく、聴こえにくい⼦⾳は⼤きく聴こえるようになっているという。

 ワイヤレスイヤホン同様に、ハンズフリー通話や⾳楽、ノイズキャンセリングもできるほか、専⽤のスマプアプリ「able EQ」を使えば、聴こえ⽅を⾃動で最適化することも可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]