ニチレイとベンチャー企業がタッグを組んで目指す「献立の悩み解決」--10月29日に登壇

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日インタラクティブは、10月25日よりイベント「CNET Japan FoodTech Festival 2021」を主催する。「フードテックで変わる食のエコシステム~生産から消費まで~」をテーマに、10月25日、26日、27日、28日、29日の5日間にわたって、オンラインで開催する。受講料は無料で、当日までウェブサイトから申し込める。

キャプション

 10月29日14時からは、「献立作成のお悩み解決が生み出す3つのこと~食品企業とベンチャー企業の挑戦」と題して、ニチレイ 事業開発推進部の関屋英理子氏と、献立自動生成アプリ「me:new」を運営するミーニュー代表取締役社長の三宅伸之氏が登壇する。

 家庭で料理をする人々を悩ませ続けている献立決め。その課題を解決する献立提案サービスを提供していた2社(ニチレイとミーニュー)がタッグを組んだ。それぞれの得意分野を生かし、献立提案サービスを充実させていくことで、献立の悩み解決を起点に、3つの価値を生み出そうとしているという。

 講演では、人々の豊かな食のライフスタイルを実現する力を持っていると両社が説明するこの3つの価値について聞くとともに、大手食品企業とベンチャー企業の共創についても話を聞く。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]