ニチレイ、献立自動生成アプリのミーニューの全株式を取得--me:newに統合へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニチレイは8月31日、ミーニューの全株式を取得したと発表した。合わせて、同社が運営する献立自動生成アプリ「conomeal kitchen(このみるきっちん)」と、ミーニューが運営する献立自動生成アプリ「me:new」を11月1日に統合する。

 働き方の変化や女性の活躍、超高齢社会の進展などにより、家庭内における食事の準備にかける時間を短縮したいとする生活者ニーズが高まっている。

 一方で、栄養バランスや食物アレルギーなど、健康に配慮した食事を摂りたいというニーズも高まっており、多くの生活者が日々の献立作りに苦労している。

 これらの課題解決に寄与するため、ニチレイでは新規事業のひとつとして、食の好みに基づく献立自動生成・提案スマートフォンアプリconomeal kitchenを2020年11月から提供している。

 また、ミーニューが運営するme:newは、2014年1月よりサービスを提供。両アプリには、AI(人工知能)により食の好みを分析できる点や、主食・主菜・副菜などで構成される献立を提案する点、単日ではなく複数日(me:newでは最長1週間)まとめて提案する点など、多くの共通項がある。

 同社では、食の好みに基づく献立提案サービスを強化するためには、サービス開始を先行し多くの知見と共通項を有するme:newとの連携が最適と考え、2つのサービスを統合することにしたという。

 今回の統合により、conomeal kitchenは2021年10月末でサービスを終了。me:newが継続サービスになる。

 今後、食のニーズはますます多様化し、パーソナライズ化の進展が見込まれるなか、商品や物流サービスによる価値提供を強化するだけでなく、食の好みやおいしさの研究に基づくデータサービス事業という新たな価値提供にも積極的に取り組んでいくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]