Facebookの透明性は不十分--著名人のコンテンツチェックめぐり監督委員会が指摘

Marcos Cabello (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月22日 08時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの監督委員会は米国時間10月21日、初の四半期透明性レポートを公開し、著名ユーザーのコンテンツの取り扱いと、それらのユーザーを「クロスチェック」プログラムの対象に選定する方法について、同社は透明性を高める必要があると述べた

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 「XCheck」としても知られるこのプログラムは、有名人や政治指導者などの著名ユーザーをFacebookプラットフォームのコミュニティー規定から除外するものだ。Wall Street Journal(WSJ)が大量のリーク文書を元に報じた一連の記事を受けて、このプログラムに注目が集まるようになった。WSJの記事では、Facebookは自社がユーザーに与える影響を十分に認識していたことが明らかにされた。

 監督委員会は21日、Donald Trump前大統領のアカウント停止やクロスチェックプログラム全般など、著名ユーザー関連の決断について、Facebookは求められた情報の提供を繰り返し怠っているか、不十分な情報しか提供していないと述べた。

 「『(クロスチェック)レビューの論拠、基準、プロセスについて、どのページやアカウントを対象として選定するかという判断基準を含めて、明確に説明するように』というわれわれの提言に対するFacebookの回答は、クロスチェックの対象に選定されるアカウントやページの基準に関する、意味のある透明性を持つものではなかった」(監督委員会)

 この批判を受けて、Facebookは監督委員会に対し、クロスチェックシステムのレビューと、どのように変更すればよいかについての提言を要請し、監督委員会はこれを受理したという。

 この透明性レポートは2020年第4四半期~2021年第2四半期を対象に、ユーザーから寄せられた事例、これまでに下された決断、Facebookに対する提言について、詳しく説明している。監督委員会は、このようなレポートを今後も発行していく予定だという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]