ソフトバンクロボティクス、新たな配膳・運搬ロボット「Keenbot」を発表--Serviに続き

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクロボティクスは10月18日、Keenon Robotics製の配膳・運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」の日本国内販売を2021年中に開始すると発表した。これに先駆け、同社が運営する「Pepper PARLOR」(東急プラザ渋谷5階)では、10月19日からKeenbotの導入を開始するという。

配膳・運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」
配膳・運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」

 同社は、2021年2月から配膳ロボット「Servi(サービィ)」を提供しており、すでに約200のブランドが導入。のべ18万kmにわたる配膳や運搬を行っているという。今回、Keenbotを販売ラインアップに加え、導入企業の店舗規模や使用環境、配膳容量などに合わせて、より適切で柔軟な製品を提案。配膳・運搬ロボットの普及拡大に努めるという。

 なお、9月に開催されたソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2021」の基調講演において、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が「日本復活の鍵を握るのはスマートロボット」と話しており、Keenbotはその事例として紹介されたスマートロボットのひとつになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]