Disney+、APACの新作ラインアップを一挙紹介--クリエイターとディズニーをつなげる支援も

加納恵 (編集部)2021年10月15日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォルト・ディズニー・カンパニーは10月14日、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信されるアジア太平洋地域のコンテンツラインアップを発表した。従来のコンテンツブランドに加え、新進気鋭のコンテンツ・クリエイターによる幅広いオリジナルコンテンツを配信する。

「APACコンテンツ・ショーケース」(c)Disney.docx
「APACコンテンツ・ショーケース」(c)Disney.docx

 Disney+は、2020年6月に日本国内での提供を開始。アジア太平洋地域では、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、インド、マレーシア、インドネシア、タイで提供しているほか、11月には韓国、香港、台湾での提供もスタートする。

 ディズニー、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサー、ナショナル ジオグラフィックといったコンテンツブランドに加え、10月27日からは、最新映画からオリジナル作品、日本のコンテンツまで取りそろえた「スター」を用意する。

 スターでは、ローカルの作品によりラインアップを強化するほか、ディズニー・テレビジョン・スタジオ、FX、20世紀スタジオ、20thテレビジョン、タッチストーンなどのディズニーが誇る制作スタジオから数多くの映画やシリーズを配信する。

 日本においては、7月期に放送されたTBSドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」、「BLACK★ROCK SHOOTER」の日本のリブートアニメ「ブラック★★ロックシューターDAWN FALL」、漫画が原作となる「サマータイムレンダ」、「四畳半神話大系」の続編となる「四畳半タイムマシンブルース」に加え、柳楽優弥さんが主演を務めるドラマ「ガンニバル」、俳優松尾諭さんの人気エッセイをドラマ化した「拾われた男」などを用意。また、アニプレックスによるディズニーの人気スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」のアニメ化計画も発表した。

左から、「拾われた男」に出演する、伊藤沙莉さん、仲野太賀さん、草なぎ剛さん、原作を手掛けた松尾諭さん
左から、「拾われた男」に出演する、伊藤沙莉さん、仲野太賀さん、草なぎ剛さん、原作を手掛けた松尾諭さん

 ウォルト・ディズニー・ジャパン 代表取締役社長のCarol Choi(キャロル・チョイ)氏は「私たちの願いは、グローバル、リージョナル、ローカル言語のコンテンツを適切に組み合わせて、日本のお客様に楽しんでいただくこと。これまでの国内におけるDisney+の成功と、今後のスターの開始により、日本のコンテンツクリエイターと築いた強固な関係をいかし、最高のオリジナル・ストーリーを届けていく」とコメントした。

 同日には、アジア太平洋地域のクリエイターとディズニーのワールドクラスのフィルムメイカーやクリエイターたちをつなげる「APAC クリエイティブ・エクスペリエンス・プログラム」も発表。アジア太平洋地域のトップのクリエイターたちを、ディズニーの主要なスタジオのトップ・エグゼクティブやクリエイターたちと引き合わせ、コンテンツ制作活動に勢いをもたらしていきたいとした。

 Disney+では、2023年までに50作品を超えるアジア太平洋地域のオリジナル作品に取り組む予定としている。

ウォルト・ディズニー・ジャパン 代表取締役社長のCarol Choi氏(中央)、オリジナル コンテンツ エグゼクティブ ディレクターの成田岳氏(右)、アニメーション責任者の八幡拓人氏
ウォルト・ディズニー・ジャパン 代表取締役社長のCarol Choi氏(中央)、オリジナル コンテンツ エグゼクティブ ディレクターの岳氏(右)、アニメーション責任者の八幡拓人氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]