「Disney+」コンテンツブランド「スター」を追加--1万6000を超えるラインアップに

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは、動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」に新たなコンテンツブランド「スター」を追加すると発表した。10月27日より提供を開始する。

Disney+に新たなコンテンツブランド「スター」を追加(C)2021 Disney and its related entities
Disney+に新たなコンテンツブランド「スター」を追加(C)2021 Disney and its related entities

 スターは、ディズニー・テレビジョン・スタジオ(ABC Signatureと20thテレビジョン)、FXプロダクションズ、20世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズなどの制作スタジオが、映画やシリーズを提供するブランド。スターでしか見られないオリジナル作品や、日本市場向けに制作するローカルコンテンツも含まれ、ドラマからスリラー、コメディまで、ジャンルのコンテンツを視聴できる。

 スターの提供開始にあわせて、Disney+に新たな対応プラットフォームと機能を追加。視聴可能デバイスとして、これまでのスマートフォン、タブレット、PC、スマートテレビ、ストリーミングデバイスに加え、ゲーム機が追加された。

 機能面では、対応機器で4K UHDの映像、5.1チャンネルとドルビーアトモスが楽しめるほか、別の部屋にいても7人まで一緒に視聴を楽しめる「GroupWatch」や、キッズプロフィール、プロフィールPIN(暗証番号)などペアレンタルコントロール機能も同時に提供する。

 提供開始は、10月27日のAM8時以降を予定。視聴するには、Disney+公式サイトやドコモ、Apple App Storeなどから、Disney+に入会する必要がある。利用料金は月額990円(税込)で、Apple App Storeのみ月額1000円(税込)となる。

 Disney+は、ディズニーがグローバルで展開する動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックなどの人気コンテンツを、見放題で楽しめる。今回、スターが加わることで、コンテンツ数は1万6000を超えるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]