味の素とTechMagicが協業--おいしさと健康を両立した調理ロボットの実現目指す

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TechMagicは10月14日、味の素とおいしさと健康を両立した調理ロボットの実現を目指して協業を開始すると発表した。

キャプション

 同社は、調理ロボット事業と業務ロボット事業の両事業を展開しており、食を取り巻く多くの企業が直面する人手不足を解消し、生産性の高い社会を実現するため、ハードウェアとソフトウェア両方の技術を高度に融合した各種プロダクトの企画、設計、製造、販売、保守を行っている。

 同社によると、味の素が2020年12月に開始したアクセラレータープログラム「Ajinomoto Group Accelerator」に採択されて以降、食の未来を創造する調理ロボットの開発を進めていたという。

 今回、同プログラムを通じて、同社の調理ロボット技術と味の素の調味料をベースとした「おいしさ設計技術」の連携・活用を進め、新たな食の価値創造に取り組むことで合意。協業基本契約の締結に至ったとしている。

 なお協業では、これまでの成果を踏まえ、中華料理をはじめとしたさまざまな炒めメニューが提供可能な調理ロボットの共同開発から着手する。

 同社の人工知能による機械学習を搭載した調理ロボットと、味の素の「おいしさ設計技術」を活用したソリューションを組み合わせ、大量調理では難しい多様化する生活者のニーズに応え、外食産業の課題である人手不足や食品ロスなどの解決を目指す。

 将来的には、個々人の嗜好、必要な栄養に合わせたパーソナルな料理を提供可能にすることで、グローバルに展開可能な調理ロボットを開発するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]