ヤンマー、船舶の水素燃料電池システム実用化に向け実証実験--70MPa高圧水素充填

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤンマーホールディングスのグループ会社であるヤンマーパワーテクノロジー(YPT)は10月13日、世界初となる船舶への70MPa高圧水素充填を行い、大阪・関西万博会場予定地と市内沿岸部の観光地を結ぶ航路での航行試験を実施したと発表した。


 同試験では、水素燃料電池システムを搭載した実証試験艇を活用。豊田通商と共同で、特別に許可を得た高圧充填設備と、新たに試作した長尺の水素充填ホース設備を使用し、70MPa高圧水素充填を行った。

 同社によると、これまでの充填方式と比べて航続時間は3倍以上となり、より実運用に近い航行が可能であることを確認したという。

 得られた結果については、水素燃料電池システムの実用化と舶用水素インフラの検討に活用する。

 同社は、国土交通省によるカーボンニュートラルポートの構想などにおける船舶への水素燃料電池システムの展開を見据え、トヨタ自動車製の燃料電池モジュールを活用した300kW級の舶用燃料電池システムの開発を進めている。

 今後は、さまざまな船種へ搭載できるように、船級協会の型式承認を取得し、2023年の市場投入を目指す。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]