Tinder、プロフィール欄にワクチン接種状況を表示--接種済みアピールポイントに

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マッチングアプリのTinderは10月12日、新型コロナワクチンの接種状況をプロフィールに表示するステッカー機能などを含んだ「ワクチンセンター」を10月15日より順次実装すると発表した。

ステッカー機能(右上)を使用した例
ステッカー機能(右上)を使用した例

 ワクチンセンターでは、「一緒に免疫をつけよう」「もうすぐ接種予定」「ワクチン接種済み」の3種類のステッカーを用意。プロフィールに追加することでワクチン接種状況をアピールできる。また、厚生労働省のコロナワクチンナビへのリンクもあり、ワクチン接種会場などの情報も確認可能。

ワクチンセンターの画面
ワクチンセンターの画面

 なお、接種状況はTinderを含む第三者が確認するものではなく、ユーザーが任意で表示するものになる。

 プロフィール欄に「ワクチン」や「接種」という単語を使うユーザーも増えており、Tinderによると7月には「ワクチン」を含んだプロフィールが1月比で約68倍、「接種」を含んだプロフィールも同比で約115倍に増加したという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]