Facebook、メタバース「Horizon Worlds」のクリエイター支援に11億円超を投資へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年10月08日 10時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、10月末に開催する開発者向けカンファレンス「Facebook Connect」を前に、新たに1000万ドル(約11億1600万円)規模のクリエイター支援ファンドの設立を発表した。このファンドの目的は、未完成のソーシャル仮想現実(VR)プラットフォーム「Horizon Worlds」(旧称「Facebook Horizon」)のパフォーマンススペースやゲーム、世界を生み出すことで、同社のメタバース向けクリエイティブツールのアーリーアダプターを引きつけることだ。

提供:Facebook
提供:Facebook

 Horizon Worldsは、「AltspaceVR」「VRChat」「Rec Room」といった人気の高い既存のソーシャル空間やメタバース空間のように、クリエイティブな遊び場になることを目指している。ただし、Facebookのアプリにユーザーを引き寄せる仕掛けも盛り込む。Facebookは、オープンコンテストまたはアプリケーションベースのアクセラレーターおよび資金提供プログラムを通じて、クリエイターに資金を投じる計画だ。

 これらの体験では、パフォーマーに投げ銭をしたり、仮想空間内で少額取引したりできるような決済構造の導入も目指している。以前はFacebook Gaming部門に所属し、現在はFacebookのメタバースグループに属するVivek Sharma氏は、筆者とのZoomでの会話の中で、「私が個人的に期待しているのは、これらの構造をFacebookのアプリ全体に紐づけられるようにすることだ。そこでは、InstagramやFacebookだけでなくHorizonのクリエイターも人気を得て、経済全体が集約され、ここに向かう関連性も構築される」と述べた。同氏は、現時点でこのファンドを必要なものと見ているが、ライブストリーム中の投げ銭を将来のパフォーマーの収入源としながらも、Facebookが次に構築したいものとして、参加費や体験料のような仕組みを提案し、Horizonのメタバースが目指し得る方向性を指し示した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]