アクシス、クラウド型電子薬歴「Medixs」に地域連携薬局の認定を支援する機能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アクシスは10月6日、同社が開発・提供するクラウド型電子薬歴「Medixs」において、地域連携薬局の認定を支援する「情報提供書 作成支援」機能を拡充したと発表した。

クラウド型電子薬歴「Medixs」の機能
クラウド型電子薬歴「Medixs」の機能

 患者の重複投薬防止などにかかわる情報提供書の作成を支援する機能と、服薬期間中のフォローアップ内容を情報提供書へ転記する機能を追加。患者に提供する情報を充実させるとともに、作業の効率化を図る。

 また、調剤薬局からの要望を反映し、複数店舗を運営する調剤薬局向けの機能も強化した。これにより、他店舗参照時における「処方のないイベント」の参照機能と、個別禁忌薬の転記機能が追加されている。

 これまでの店舗機能として、グループの複数店舗で同一の患者(患者の氏名および、生年月日が一致した場合)が利用した際、他店舗の患者情報・薬歴情報が参照・反映できていたが、今回の強化でリアルタイムでの薬歴記載状況の確認が可能となった。

 さらに、指導文マスタや疑義照会マスタの共有が可能になるなど、薬歴作成時の操作性と利便性が向上。薬歴作成をサポートする各種機能についても強化しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]