作曲家のすぎやまこういち氏が死去--「ドラゴンクエスト」の楽曲を手掛ける

佐藤和也 (編集部)2021年10月07日 18時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スギヤマ工房は10月7日、作曲家のすぎやまこういち(本名:椙山浩一)氏が、敗血症性ショックのため、9月30日に死去したことを公表した。享年は90。

 すぎやま氏は東京大学を卒業後、文化放送を経てフジテレビに入社。ディレクターとして「おとなの漫画」「ザ・ヒットパレード」「新春かくし芸大会」などの番組を手がけ、同時に作曲家としての活動を開始。「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」などのヒット曲をはじめ、幅広いジャンルの音楽を手掛けていた。

 ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽を、発売以来担当していることでも知られている。2016年には「世界最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」として、ギネス記録に認定。2021年には、東京2020オリンピックの開会式にて、ドラゴンクエストの「ロトのテーマ」が使用された。

すぎやまこういち氏
すぎやまこういち氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]