PayPay銀行、マイナンバーカードを利用した公的個人認証サービスを導入へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPay銀行は10月7日、個人口座開設時の本人確認において、マイナンバーカードを利用した公的個人認証サービスを10月10日から導入すると発表した。利用にはPayPay銀行アプリが必要となる。

 
 

 スマートフォンでの自撮りを使ったオンラインの本人確認に加えて、公的個人認証サービスを追加することで、顧客の利便性を高めるのが狙い。

 なお、銀行口座開設での公的個人認証サービス利用は、同行が初めてになるという。

 公的個人認証サービスでは、マイナンバーカード内に記録された電子署名で、住民基本台帳に裏付けられた本人を証明する。他人によるなりすまし申請やデータの改ざんを防止し、スムーズに本人確認が行えるというメリットがある。野村総合研究所が提供する「e-NINSHO」を活用して提供する。

 また、従来の本人確認方法と比較し、スマートフォンによる本人確認資料の撮影や自撮りが不要となるほか、顧客情報の一部(氏名、住所、生年月日)をマイナンバーカードから自動で取得、入力するため、口座開設時の手間が軽減できるという。

 今後は、公的個人認証サービスを利用することで、同行内の口座開設事務の効率化を図り、よりスピーディーに口座開設対応ができるよう進めていく予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]