パナソニック、「プライベート・ビエラ」に新モデル--IoT家電との連携機能も

加納恵 (編集部)2021年10月05日 16時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは10月5日、ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」に防水モデルの「UN-15LD11/15L11/10L11/10E11」と19型モニターを備えたスタンダードモデル「UN-19F10」の5機種を発表した。防水モデルの3モデルはIoT家電の動作終了などを音声で知らせる「音声プッシュ通知」に対応する。いずれも発売は11月下旬。


 UN-15LD11/15L11/10L11/10E11は内蔵バッテリ、UN-19F10はAC電源で駆動。いずれもチューナー部とモニター部が別体になっており、モニター部のみを持ち運べる。

 音声プッシュ通知は、エアコンや洗濯機、冷蔵庫といったIoT家電と連携することで、洗濯の終了時間や冷蔵庫の給水タンクの水が少なくなったこと、オーブンの加熱の完了時などをお知らせしてくれるサービス。パナソニックでは、気づきにくい変化をタイムリーに家電がお知らせすることで、家族における家事の分担を目指すとしている。IoT家電のお知らせのほか、今日の天気やゴミの日といった「くらしのお役立ち情報」も案内する。

 UN-15LD11/15L11/10L11モデルは、Bluetoothにも対応し、イヤホンやスピーカー、ネックスピーカーなどに接続しての使用が可能。「お部屋ジャンプリンク」対応で、BDレコーダー「ディーガ」などに録画した番組視聴できるほか、動画配信サービスの視聴も可能だ。モニター部にはチルトスタンドを備え、スタンドを上に持ち上げて、引っ掛けての設置にも対応。クレードル式の充電台も付属する。モニター部のタッチ操作も可能だ。

 UN-10E11は、10V型のモニターを採用し、お部屋ジャンプリンクにも対応。防水リモコンが付属する。

 UN-19F11は、19V型の大画面を採用した非防水モデル。テレビ放送はもちろん、お部屋ジャンプリンクを使えばディーガに録画した番組の視聴にも対応する。HDMI端子を備え、ゲーム機やBDレコーダーやPCの外付けモニターとしての使用も可能だ。

  • UN-15LD11(15V型、想定税込価格:9万3000円前後)
  • UN-15L11(15V型、想定税込価格:7万3000円前後)
  • UN-10L11(10V型、想定税込価格:5万8000円前後)
  • UN-10E11(10V型、想定税込価格:4万5000円前後)
  • UN-19F10(19V型、想定税込価格:4万7000円前後)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]