シャープ、タッチレス操作ができる「静電ホバータッチディスプレイ」開発--約5cm離れた指も検知

加納恵 (編集部)2021年10月04日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは10月4日、ディスプレイに触れずに、指を浮かせた状態で操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を開発した。飲食店のセルフオーダー端末や公共・商業施設の案内用デジタルサイネージなどのタッチレス操作を実現する。

「静電ホバータッチディスプレイ」
「静電ホバータッチディスプレイ」

 静電ホバータッチディスプレイは、静電容量方式のタッチパネルを採用。新開発の高感度タッチコントローラーにより、ディスプレイの表面から最大約5cm離れた位置にある指を検知し、ディスプレイに直接触れることなく、指を浮かせた状態で操作できる。

 手袋をした指も検知するほか、横向き、縦向き、斜め置きにも対応。画面上に操作ガイドを表示したり、指を検知したら効果音を鳴らしたりすることで、直感的なユーザーインターフェースを実現する。

 15インチ程度の中型から、55インチ程度の大型まで、幅広く対応できるとのこと。10月19~22日に開催する「CEATEC 2021 ONLINE」に出展する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]