トヨタ子会社、ソフト定義カー向けOS技術の米Renovoを買収--自動ドリフト車の開発企業

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスは、自動車向けOS開発の米国企業Renovo Motorsを買収した(ウーブン・プラネットRenovo)。買収金額などは明らかにしていない。

Renovoがトヨタ傘下に(出典:ウーブン・プラネット、Renovo)
Renovoがトヨタ傘下に(出典:ウーブン・プラネット、Renovo)

 Renovoは、自動車の各種機能を実現する際に使うOSを開発している企業。ソフトウェア定義自動車(Software Defined Vehicle:SDV)という概念をベースに、ハードウェアに依存せず自動車向けソフトウェア開発できる環境を実現することが目標。同社は、ドリフト走行する自動運転車「MARTY」をスタンフォード大学と共同開発したことでも知られている。

MARTYの紹介ビデオ(出典:スタンフォード大学/YouTube)


 今後はウーブン・プラネットとともに、オープンな自動車向けソフトウェア開発プラットフォーム「Arene」の強化を進める。Areneを利用すると、ハードウェアと切り離したソフトウェア開発が可能になり、さまざまな自動車メーカー向けソフトウェアの開発が省力化できるという。

Renovoのメンバー(出典:ウーブン・プラネット)
Renovoのメンバー(出典:ウーブン・プラネット)

 ウーブン・プラネットは、映像データから道路情報を抽出するのに必要な技術を持つ米CARMERAや、配車サービスを手がける米Lyftの自動運転部門「Level 5」など、先進技術の獲得を進めている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]