logo

トヨタ子会社、米Lyftの自動運転部門を約595億円で買収

山川晶之 (編集部)2021年04月27日 10時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスは4月27日、米配車サービス大手Lyftの自動運転部門「Level 5」を約5.5億ドル(約595億円)で買収すると発表した。

 今回の買収により、世界トップクラスのエンジニア、研究者、モビリティサービスへの専門知識を持つ、約1200人のグローバルチームを形成。センシング、コンピューティング、ソフトウェア資産、自動運転システム開発に必要な戦略的能力を強化する。また、ウーブン・プラネット本社がある東京に加え、サンフランシスコ(パロ・アルト)、ロンドンへ開発拠点を拡大する。

 同社では、買収以外にLyftとの協業も発表。Lyftのシステムと車両データを活用し、ウーブン・プラネットが開発する自動運転技術の安全性と商用化を加速させるとしている。

 ウーブン・プラネット・ホールディングスは、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)の事業を拡大すべく体制変更により誕生した企業。ウーブン・プラネット・ホールディングス以外にも、ウーブン・コア、ウーブン・アルファ、ウーブン・キャピタルの合計4社で構成される。今回の買収は、ウーブン・プラネット変更後で初めての買収案件となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]