Facebook、子供の心の健康に対する影響について米議会で証言へ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月30日 10時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間9月30日、同社サービスが子供や10代に与える潜在的悪影響について、議会で証言する。

FacebookとInstagramのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 この上院公聴会は「Protecting Kids Online: Facebook, Instagram, and Mental Health Harms」(オンラインの児童保護:Facebook、Instagram、心の健康への悪影響)と題するもので、The Wall Street Journal(WSJ)による一連の報道が発端となっている。WSJは、Facebookが同社プラットフォームの悪影響を知りながら、公にはそれを軽視してきたと報じていた。ある記事では、Facebook傘下のInstagramの社内調査で、ボディーイメージを含む10代女子の心の健康にInstagramが悪影響を及ぼすことが明らかになったとしていた。

 Facebookの安全性担当責任者を務めるAntigone Davis氏が、消費者保護関連の上院小委員会で証言する予定だ。Facebookは、WSJによる同社の調査結果の切り取り方について反論し、社内調査ではInstagramが10代に与える好影響も示されたと主張していた。Facebookは27日、Instagramアプリの子供版の開発を一時中止することを明らかにしている。

 30日の公聴会は、世界最大規模を誇るソーシャルネットワークである同社に対する批判が過熱していることを示す、新たな例だ。米国の両政党の議員らが、若年ユーザーに対する影響をめぐって、各プラットフォームに対する批判をさらに強めている。

 公聴会を開く小委員会の委員長を務めるRichard Blumenthal上院議員(民主党、コネチカット州選出)は28日、「Facebookがしてきたことは明らかだ。子供の安全を守らずに、利益を増やしている。彼らには、同社の各種プラットフォームが子供たちに与える危険を緩和する義務がある。30日の上院小委員会の公聴会では、回答を求めるつもりだ」とツイートした

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]