ポケットマルシェ、寄附者と生産者がつながる「ふるさと納税サービス」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生産者と消費者をつなぐ産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営するポケットマルシェは9月27日、「生産者」が寄附者とのやり取りや返礼品の出品を行う、国内初のふるさと納税サービス「ポケマルふるさと納税」を開始すると発表した。

キャプション

 既存のふるさと納税サービスは、寄附者と生産者の間に自治体が入る仕組みで成り立っており、自治体が返礼品の出品や発送管理などの業務を担うことが多く、返礼品の魅力や配送日が寄附者からわかりづらい傾向にあるという。

 また、自治体が返礼品の在庫管理を担当しており、生産量が少ない食材や供給が不安定な食材については、返礼品の対象にできない場合もあった。

 今回開始するポケマルふるさと納税は、従来型のふるさと納税とは異なり、生産量の少ない生産者や鮮魚など供給が不安定な食材を扱う生産者も参加しやすいのが特徴となる。

キャプション

 なお、返礼品を気に入った場合は、産直アプリ「ポケットマルシェ」からリピート注文が可能。一度の寄附で完結せず、継続的なつながりを生み出す仕組みで、生産者のファン獲得を促すのが狙いだ。

 さらに、地域に足を運ぶ「体験」を軸とした返礼品を自治体・生産者と共同開発し、生産者のいる地域とも関わる「関係人口」を増やし、中長期的に地域の活性化に寄与することを目指す。

 手続きは、ポケマルふるさと納税トップページから食材を検索し、食材の詳細説明が記載された画面の「ふるさと納税で申し込む」から可能(無料の会員登録が必要)。

キャプション

 画面上で、配送先住所や支払い方法のほか、ワンストップ特例申請書の送付希望有無、納税者情報などの入力にも対応する。

 加えて、ポイント制を採用しており、ふるさと納税額1000円ごとに300ポイントが自治体からの返礼として付与される。付与されたポイントは、生産者の出品する食材の注文に活用可能。ふるさと納税によるポイント付与および、食材の注文は、1度の申し込みで同時に完了するという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]