ファーウェイCFO、米司法省と司法取引で合意

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年09月27日 10時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)である孟晩舟氏は米国時間9月24日、ニューヨーク市ブルックリンの連邦地方裁判所に出廷し、司法取引に合意した。米司法省が同日発表した。2018年からカナダで身柄を拘束されていた孟氏は、制裁違反に問われた件で一部の不正行為を認める見返りとして、一定期間にわたり合意条件を満たせば起訴が取り下げられる。司法省はカナダへの身柄引き渡し要求も取り下げた。

孟晩舟氏
孟晩舟氏
提供:Getty

 司法省によると、孟氏は金融詐欺と通信詐欺に関わる謀議の罪に問われていた。

 カナダの司法当局は2018年12月、米国からの要請を受け、バンクーバー国際空港で孟氏を拘束した。孟氏の父親は、ファーウェイの創業者で最高経営責任者(CEO)である任正非氏だ。中国企業のファーウェイは米国における国家安全保障上の脅威と見なされている。近年は大がかりな監視の対象になり、米国市場で同社のデバイスはほぼ流通しなくなった。欧州の一部の国も、自国内の5Gネットワークにファーウェイ製機器を使うことを禁じている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]