「Apple Wallet」にワクチン接種証明を保存可能に--「iOS 15」今後のアップデートで

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年09月22日 11時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」向けOSの最新版「iOS 15」は、「ヘルスケア」アプリで、新型コロナウイルスのワクチン接種や検査結果の証明書などの「証明可能なヘルスケアレコード」をダウンロードし、保存することができる。世界的なコロナ禍で時宜を得た機能だ。さらにAppleは近く、ワクチン接種証明カードを「Apple Wallet」に追加できるようにする予定だ。

iOS 15 will soon let you store your COVID vaccination card in Apple Wallet
提供:Apple

 Appleは、「ユーザーは、ヘルスケアアプリに保存されている証明可能なヘルスケアレコードを、航空会社、イベント会場、対面で人と交流を深めるビジネスなど、この情報を必要とする承認済みのサードパーティーのアプリと共有することを選択できる。そして、今後のソフトウェアアップデートで、証明可能な新型コロナウイルスのワクチン記録をワクチン接種証明カードとしてApple Walletに追加し、企業や会場などで提示することを選択できるようになる」と説明している。

 この機能は、次のiOS 15リリースのベータビルド以外ではまだ利用できないかもしれないが、実装されれば便利な機能になるだろう。レストラン、バー、スポーツ競技場などをはじめとする多くの事業では、入り口でワクチン証明書や最新の陰性検査結果の提示を求めている。

 またAppleは、「間もなく、『SMART Health Cards』を発行する組織は、新しいボタンを使って、安全にワクチン接種の情報をヘルスアプリにダウンロード、保存し、Walletにすぐ追加して、Walletから提示できるとユーザーに知らせることができるようになる」と説明している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]