永続ライセンスの商用版「Office」がリリース--個人向けは10月5日

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月17日 08時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月16日、生産性ソフトウェア「Office」の新しい永続ライセンス版「Office LTSC(Long Term Servicing Channel)」を、法人や政府機関向けにリリースしたと発表した。個人向けの「Office 2021」は、「Windows 11」と同じ10月5日に提供開始するという。

Office
提供:Microsoft

 Microsoftは以前、サブスクリプション版である「Microsoft 365」に重点を置いていることに変わりはないが、クラウドに移行する準備が整っていないユーザーのために、1回限りの購入モデルとなるOffice LTSCとOffice 2021をリリースする予定だとしていた。

 同社によると、Office LTSCにはアクセシビリティー機能の改良と「Word」「Excel」「PowerPoint」にわたる性能改善のほか、各種アプリにわたってダークモードがサポートされるなどの視覚的な改良が加えられているという。この製品は組織全体ではなく、製造フロアのインターネットに接続されていないプロセス制御端末など、特殊な状況を対象としている。

 個人向けのOffice 2021について、Microsoftはまだ価格情報を発表していない。

 同社が2月に公開したFAQによると、両バージョンのOfficeは「Windows」と「Mac」でサポートされ、「OneNote」アプリが付属する。また、32ビット版と64ビット版の両方が提供される。サポート期間は5年間だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]