「iPhone 13」シリーズ全4機種の違いを確認--カメラやバッテリーは? - (page 3)

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年09月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラ:各モデルでさまざまなアップグレード

 iPhone 13のラインアップには、「シネマティックモード」やマクロ撮影の追加など、カメラの新しいアップグレードがいくつか含まれる。

 ただし、iPhone 12のラインアップと同様、LiDARスキャナーはProとPro Maxでしか利用できない。ハイエンドモデルのiPhoneにのみLiDARスキャナーが搭載されている形は、iPhone 13で2世代目となる。

 2020年の「iPad Pro」で初めて採用されたLiDARスキャナーは、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」にも搭載されている。このスキャナーは、暗所でのオートフォーカスや撮影画質を向上させるのに使われる(LiDARを使えば、パーティーで友達の身長を測ることもできる。ちょっとクールだ)。

 iPhone 13とiPhone 13 miniは、広角と超広角の、性能が向上した2基の12メガピクセルカメラを備える。iPhone 13 ProとPro Maxの背面には、12メガピクセルの広角と超広角、望遠の3基のカメラが搭載されている。さらに、iPhone 13ラインアップでは、初めてすべてのモデルで「ナイトモード」撮影が可能になった。

 Appleは2021年中に「ProRes」動画撮影をProおよびPro Maxモデルで利用できるようになることも発表した。

figure_3
iPhone 13 Proのカメラ
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

バッテリー:持続時間が改善か

 iPhone 13の各モデルの正確なバッテリースペックは公表されていないが、iPhone 13のラインアップのバッテリー持続時間はiPhone 12よりも長いとAppleは主張している。同社によると、バッテリー持続時間が長くなったのは、バッテリーの大容量化とiOS 15、A15 Bionicチップの相乗効果によるものだという。

 Appleは、iPhone 13とiPhone 13 miniで動画を再生し続けた場合のバッテリー持続時間について、それぞれ17時間と19時間としている。iPhone 13 Proは22時間、iPhone 13 Pro Maxは28時間だという。

 9月のイベントの開催前には、全モデルのバッテリーが大容量化されるとのうわさがあった。9to5Macの報道によると、有名なリーク情報発信者の@L0vetodream氏が、iPhone 13 miniには2406mAh、標準モデルとProモデルには3095mAh、Pro Maxには4352mAhのバッテリーがそれぞれ搭載されるとTwitterに投稿していたという。AppleはiPhone 13のラインアップのバッテリースペックを公表していないので、この推測が当たっていたのかどうかは不明だ。

 いずれにせよ、バッテリー持続時間とバッテリー容量は同じものではないので、バッテリー容量が増えたからといって、必ずしもバッテリー持続時間が長くなるわけではないことに注意してほしい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]