セブン‐イレブン、マルチコピー機を刷新--QRコードリーダーやシャッフルプリントに対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン‐イレブン・ジャパンは9月14日、富士フイルムビジネスイノベーションとセブン-イレブン店舗に設置されたマルチコピー機を刷新すると発表した。8月末時点で、全国のセブン‐イレブン2万1215店舗にマルチコピー機が設置されており(一部除く)、これを10月から順次新型機へと入れ替えるという。2022年9月末までに導入が完了する予定。

キャプション

 新型機では、スマートフォン内の写真や文書のデータを専用アプリ「セブン‐イレブン マルチコピー」(iOS/Android)を使って印刷する際に、スマートフォンに表示されたQRコードをマルチコピー機にかざすことで自動でWi-Fi接続され、データが送信される仕組みを採用。これまでよりも簡単に印刷できるようになるという。


 また、従来の操作画面を見直し、スマートフォンやタブレット端末と近いデザインに刷新。さらに、本体の高さを低くし、操作画面の角度を最適化するなど、車イスの人でも利用しやすいデザインを採用しているという。


 操作画面の「ヘルプ」では、よくある問い合わせと対応方法が参照できるほか、電話での問い合わせが直接できるコールセンターを新たに設置した。コールセンターは、10月1日から全国の店舗(一部除く)から利用できるようになる。

 写真プリントでは、これまでのL判(89×127mm)に加えて、2L判(127×178mm)にも対応。コンビニエンスストアのマルチコピー機として初めて「シャッフルプリント」機能の提供も開始する。さらに、これまで持ち込みはがきを利用する際は、「普通紙郵便はがき」のみの対応だったが、新型機では「インクジェット紙郵便はがき」にも対応する。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]