調理ロボットのTechMagic、シリーズBラウンドで15億円の資金調達--累計約23億円に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TechMagicは9月7日、シリーズBラウンドで15億円の資金調達を実施したと発表した。

 同ラウンドでは、既存投資家のジャフコ グループに加え、新たにSBIインベストメント、JA三井リース、日清食品ホールディングス、DEEPCORE、ダイニングイノベーション創業者の西山知義氏を引受先としている。

 
 

 今回の増資により、2018年2月創業以降、2019年9月のジャフコ グループによるシードラウンド、2020年7月のフジマックによるシリーズAラウンドを含む累積調達額は約23億円となった。

 今回調達した資金により、2021年下期から実店舗導入予定のパスタ調理ロボット量産化に向けた製造・保守メンテナンス体制構築するほか、ハードウェア/ソフトウェア各種要素技術の研究開発強化する。

 加えて、新たな食体験創造を目的とした新規事業開発および、これらを具現化するための、エンジニアをはじめとする各部門の採用を強化するという。

 同社は、主に大手飲食チェーン店の厨房内における一連の調理工程を、ハードウェアとソフトウェアの両面で自動化する調理ロボット事業を手がける。また、食堂などの食器洗浄後の仕分け、食品工場での固形・不定形物の定量盛付などの単純作業をロボットにより自動化する業務ロボット事業も行っている。

 食産業は、少子化による人口減少などの社会構造的要因から、人手不足に陥っている。食産業では、他産業と比較をしても欠員率と離職率が高く、労働者が過重労働となるケースも珍しくない。

 これらの課題に対し、ロボットによる一連の調理工程・単純作業の自動化、データの見える化による味の品質安定化、仕入れ・在庫の最適化により、課題解決に貢献したいとしている。

 
 

 また、嗜好の多様化や生活習慣病による食事制限、食物アレルギーへの対応など、食に関するニーズは多様化の傾向にあることから、開発したロボットを通じて、膨大な調理情報、注文に紐づく食材、顧客情報などの各種情報を蓄積。ひとりひとりに寄り添ったパーソナライズな食体験など、新しい価値を提供するフードサービスを創出していく。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]