テスラ、人型ロボット「Tesla Bot」を発表--2022年に試作機登場へ

JACKSON RYAN (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月20日 13時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米国時間8月19日、同社の自動運転車と同じ人工知能(AI)を搭載した人型ロボット、「Tesla Bot」を発表した。発表の中では、Tesla Botと同じ装いのダンサーがやや奇妙なダンスを演じたが、実機が披露されることはなかった。

「Tesla Bot」
米国時間8月19日に発表された「Tesla Bot」
提供:Tesla

 予想外の発表は、「Tesla AI Day」のプレゼンテーションの最後に訪れた。Musk氏は「スレンダーマン」のような見た目のTesla Botについて、スライドに表示された以上のことはほとんど説明せず、身長5フィート8インチ(約173cm)、体重125ポンド(約57kg)で、「軽量素材」で作られていると語った。

 「Tesla Botはフレンドリーになるはずだ」とMusk氏は冗談を言った。


 スライド3枚でTesla Botの仕様の原案を表示した後、Musk氏はTesla Botについて、人間が走って追い抜いたり、「圧倒」したりできる存在だと語った。同氏は過去に、兵器としてのロボットの利用に反対し、AIがもたらしかねないリスクを「文明が直面する最大のリスク」と表現して警告していた。Tesla Botが、極めてゆっくり動き、簡単に制圧できるロボットなら危険は少なそうだ。

「Tesla Bot」の仕様説明スライド
提供:Tesla

 あるスライドには、Tesla Botが「危険で反復的で退屈な作業」を取り除くと書かれており、Musk氏はその例として、このロボットが「店に行き、食料品を買う」ことができる点を挙げた。買い物は特に危険というわけではないが、反復的で退屈と感じる人もいるだろう。

 「基本的に、肉体労働は1つの選択肢となるだろう。やりたければできるが、やる必要はなくなる」(同氏)

 Musk氏によると、Tesla Botのプロトタイプは2022年に登場する見込みだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]