ブランソン氏も搭乗したVirgin Galacticの宇宙飛行、指定空域逸脱で調査

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年09月03日 12時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 創業者である資産家のRichard Branson氏を乗せ、大気圏と宇宙の境界に到達して大きな話題となったVirgin Galacticのフライトについて、米連邦航空局(FAA)が調査している。FAAによると、同社の宇宙船「VSS Unity」は米国時間7月11日、ニューメキシコ州にあるスペースポート・アメリカへの着陸を目指して降下中、指定空域を外れたという。

Richard Branson氏
Richard Branson氏
提供:Virgin Galactic

 VSS Unityの降下にまつわる問題は、「Test Gods: Virgin Galactic and the Making of a Modern Astronaut」の著者Nicholas Schmidle氏がThe New Yorkerで最初に報じた。FAAは米CNETに寄せたコメントで、「2021年7月11日の飛行でスペースポート・アメリカに戻る際、Virgin GalacticのSpaceShipTwoが航空交通管制の許可から逸脱した件を、現在調査中」だと認めた。

 Virgin Galacticは声明で、「最終的な軌道が当初の計画から外れた。(中略)Virgin Galacticのミッションのために保護されている空域よりも低い高度を、短い距離と時間(1分41秒)にわたり飛行した。その後、Virgin Galacticの着陸地点までの保護された制限空域に再進入した」と認めている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]