Virgin Galactic、創設者ブランソン氏も搭乗する宇宙旅行に成功

Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月12日 15時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国の資産家であるRichard Branson氏は、自らが設立したVirgin Galacticの宇宙船に乗って大気圏と宇宙の境界に到達するという、同氏にとって最新で、そして恐らくは最大の冒険を遂行した。

Richard Branson氏
11日にニューメキシコ州にあるスペースポート・アメリカに到着したBranson氏。この後Virgin Galacticの宇宙船で地球と宇宙の境界線を旅行する。
提供:Patrick T. Fallon/AFP via Getty Images

 メディア関係者と招待を受けたゲストらが、砂漠からスペースポート・アメリカを見つめていると、母船「VMS Eve」による2筋の飛行機雲に、突然「VSS Unity」のロケットエンジンによる3つ目の煙が重なった。VMS Eveは山岳部標準時で午前8時40分頃に離陸した。その45分後にVSS UnityはVMS Eveから切り離され自機のモーターに点火してマッハ3を超えるスピードに達した。

VMS EveとVSS Unity
Virgin GalacticのVSS Unityは11日、ニューメキシコ州南部のトゥルースオアコンシクエンシーズ上空付近を飛行中に母船のVMS Eveから空中で発進した。
提供:Patrick T. Fallon/AFP via Getty Imaes

 Branson氏はVSS Unityが地球へ帰還するコースに突入する際、機内から発信された雑音交じりの無線通信の中で今回のことを「生涯の体験」と表現した。その後機体はVMS Eveが出発したのと同じ地点にほぼきっかり1時間後に着陸した。70歳のBranson氏はその後、「新しい宇宙時代の幕開けにようこそ」とツイートした。

 VMS EveはBranson氏の母親の名前にちなんで命名された。Eve Branson氏は1月に新型コロナウイルスの合併症により死去している。

 VSS Unityは地表から推定86kmの高さに到達した。これは、一般的な宇宙の定義における高度(100km)よりも低いと指摘する人もいる。しかし、米軍と米航空宇宙局(NASA)は地球と宇宙の境界線を地表50マイル(約80km)と定義しており、こうした指摘はやや客観性に欠ける。宇宙旅行という目的から言えば、無重力を体感することもできるし、真っ暗な虚空から地球を見下ろすこともできる。

 今回の打ち上げにはVirgin Galacticで政府問題担当バイスプレジデントを務めるSirisha Bandla氏も搭乗した。同氏には植物の微小重力への適応に関するフロリダ大学の研究実験を行う目的があった。

 フロリダ大学の園芸学の教授で今回の実験の責任者であるRob Ferl氏は6月、「Virgin Galacticによる宇宙旅行は、打ち上げや宇宙空間への突入のタイミングで能動的に実験を観察する環境を提供できる初めての取り組みだ。打ち上げと微小重力下で生物学の研究ができることは、ことによると非常に重要な進歩といえるかもしれない。従来の実験は全て、宇宙船が周回軌道に乗るまで実験結果の確認を待たなければならなかった」と述べていた

 Branson氏は地表に戻ると、資金調達プラットフォームの「Omaze」を利用して、次回のフライトに登場する2人を募集すると発表した。非営利団体Space for Humanityへの寄付も受け付けるという。同団体は「人々の意識を高めることにより、宇宙を民主化し、世界の問題に対する解決策を構築すること」を目標としている。

Richard Branson氏
Branson氏は次のフライトで乗員2人を公募すると発表した。
提供:Omaze

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]