アップル、ハリケーン被災地の救援と復旧に寄付へ

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年08月31日 12時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は米国時間8月30日のツイートで、同社がハリケーン「アイダ」の被災地における救援活動に寄付することを明らかにした。Cook氏はこのハリケーンに見舞われた人々、とりわけルイジアナ州で避難を余儀なくされている人々に寄り添うと述べた。

ハリケーン「Ida」の被災地
提供:Sean Rayford/Getty Images

 「私たちは、地域社会の安全を守る活動に従事しているファーストレスポンダーの方々に感謝しています。Appleは、現地で行われている救援活動と復旧活動に寄付します」と、Cook氏はツイートした

 Appleは2020年12月から2021年6月まで、「(PRODUCT)RED」対象製品の全収益を新型コロナウイルス対策に提供していた。また、同社のウェブサイトまたはアプリで「Apple Pay」を使って決済されたすべての購入1件ごとに、1ドルを寄付する活動も展開していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]