トヨタ「e-Palette」、東京五輪の選手村で歩行者と接触事故

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は8月27日、東京2020オリンピック・パラリンピック選手村内で自動運転の機能を備えた巡回モビリティ車のe-Paletteが、横断歩道を横断しようとした視覚障がいのある歩行者と接触する事案が発生したと発表した。事故が起きたのは8月26日14時頃。

 事故の原因特定については、警察の捜査に全面的に協力しているという。また、現在はe-Paletteの運行を全面的に運行を停止。徹底的な原因究明を進めるとともに、今後の再発防止について、組織委員会とともに検討していくとしている。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で使用されている「e-Palette」
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で使用されている「e-Palette」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]