楽天、ネットスーパー運営プラットフォーム「楽天全国スーパー」を2021年内に提供へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天グループは8月19日、スーパーマーケット事業者向けのネットスーパー運営プラットフォーム「楽天全国スーパー」を2021年内に提供すると発表した。これに先立ち、群馬県を拠点に1都14県でスーパーマーケット「ベイシア」(138店舗)を展開するベイシアと、同プラットフォームへの出店について合意する契約を締結しているという。

 
 

 楽天は、同プラットフォームを通じて、西友と協働運営する「楽天西友ネットスーパー」で培ったノウハウを生かし、全国のスーパーマーケット事業者を対象に、受注管理やオンライン上の決済などネットスーパーを運営するためのシステムを提供する。初期費用は無料で、売り上げに応じたシステム利用料とマーケティング費用が発生する。

 また、集客や販促活動の支援、配送にともなうオペレーション立ち上げのコンサルティングなどを一気通貫で提供。これにより、事業者は初期費用を抑えながら、早期にネットスーパーを立ち上げられるようになるとしている。

 一方の購入希望者は、このプラットフォーム上で郵便番号を入力すると、居住エリアへの配送に対応するネットスーパーが検索でき、そのままサービスを利用できる。決済時に楽天IDでログインすることで、事前登録した住所やクレジットカード情報などを利用した買い物ができるほか、「楽天ポイント」を貯めたり使ったりできるという。

キャプション

 同社によると昨今、新しい生活様式の浸透により、ネットスーパーの需要は急速に拡大。「楽天西友ネットスーパー」においても、2021年1月から3月の売り上げは前年同期比29.9%増、また4月から6月の売り上げにおいても前年同期比28.4%増と継続的に伸長しているという。

 事業者のネットスーパー参入意欲が高まる一方で、ネットスーパー運営についてのノウハウ不足やシステム開発のコスト負担などが課題となっていることから、同プラットフォームの提供を通じて事業者のネットスーパー事業参入を支援していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]