タリバン、米軍の生体認証デバイスを入手か--報復に使われるおそれも

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年08月19日 13時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タリバンが、これまで米軍が使っていた生体認証デバイスを押収したとの報道が浮上している。これは米国政府や連合軍に協力したアフガニスタン国民の特定につながる可能性があり、米国の支援を受けていたこれまでの政府の崩壊を受け、デバイスに保存されている情報をタリバンが報復に用いる懸念が高まっている。

生体認証のイメージ
提供:Getty Images

 消息筋がThe Interceptに語ったところによると、押収されたデバイスは「Handheld Interagency Identity Detection Equipment(HIIDE)」と呼ばれるもので、タリバンがアフガニスタンの首都カブールの攻略に向けた兵を進めていた先週に同組織の手に渡ったという。デバイスには虹彩スキャン、指紋、経歴情報などが含まれていると、The Interceptは8月17日付の記事で報じた。記事によると、このデバイスがより大きな集中型データベースへのアクセスに利用される可能性もあるという。

 このデバイスは米国の長年にわたる対テロ戦争で重要な役割を果たしてきた。Osama bin Laden容疑者が潜伏していたパキスタンの住居を2011年に急襲した際には、身柄特定にも使われた。一方で、公共ラジオ放送局のNational Public Radio(NPR)が1月に報じたところによると、アフガニスタンの人口の80%にあたる約2500万人の生体認証データの収集に使われる計画があったという。

 国際救済委員会(IRC)によると、過去20年間で30万人を超えるアフガニスタン市民が、米国の任務に関係したとのことだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]