グーグル、位置データ企業SafeGraphを「排除」したとの報道

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年08月13日 12時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、位置情報データなどを提供するSafeGraphを「排除」する対策を講じたという。SafeGraphは「Android」ユーザーの位置データを事実上誰にでも販売していた。Motherboardが米国時間8月12日に報じた。「排除」とは、SafeGraphと連携するすべてのアプリが、位置情報を収集する問題のコードをアプリから削除しなければならないことを意味する。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Motherboardによると、SafeGraphは、ソフトウェア開発者が同社のコードをアプリに組み込むよう促すことで、一部の位置データを収集し、顧客に販売した。SafeGraphのユーザーには、米疾病予防管理センター(CDC)が含まれていた。CDCは、新型コロナウイルスのパンデミック対策の一環でデータを収集していたという。

 Googleは、SafeGraphのコードを含むアプリの開発者に対し、7日間を与えるとの警告を6月に送ったとMotherboardに述べている。開発者はアプリからSafeGraphのソフトウェア開発キット(SDK)を削除するよう求められた。削除しない場合、「Google Play」ストアからの削除などの処分が下される可能性があるという。

 米CNETはSafeGraphとCDCにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 ユーザーデータの利用をめぐり、米議員らは大手テクノロジー企業を批判している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]