Twitterがデザインを変更、すっきりした印象に

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月12日 10時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間8月11日、ウェブサイトとアプリの新しいデザインを公開した。フォントが新しくなり、色のコントラストが高くなり、視覚的にすっきりした印象のデザインとなっている。テキスト、写真、動画をスクロールしやすくすることを念頭に変更を加えたという。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 「最初は心地悪く感じるかもしれないが、これらのアップデートはよりアクセスしやすくユニークにするとともに、皆さんと皆さんの会話に焦点を当てるものだ」と同社はツイートした。

 Twitterは、今回の変更の一環として、独自のフォント「Chirp」を初めて作成した。同社はこれまで、SF Pro、Roboto、Helvetica Neueなどの活字書体を採用していた。Twitterによると、西洋言語のすべてのテキストが左揃えになり、サイトをスクロールする時にテキストが読みやすくなるはずだという。

 また、コントラストが高くなり、青色が減ったため、写真や動画がより目立つようになった。グレーの背景や区切り線も減っており、スペースが増えてテキストが読みやすくなったという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]