Twitter、米共和党議員のアカウントをまた停止--反ワクチンの誤情報で

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年08月11日 10時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間8月10日、反ワクチンの主張を展開しているMarjorie Taylor Greene米下院議員(共和党、ジョージア州選出)のアカウントをまた停止したことを明らかにした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する誤情報の拡散を禁じる同社のポリシーに違反したためだという。停止期間は1週間。Greene氏はこれまでにも複数回アカウントを停止されている。

Marjorie Taylor Greene議員
Marjorie Taylor Greene議員
提供:Getty Images

 Greene氏は9日のツイートで、COVID-19のワクチンは「失敗」しており、米食品医薬品局(FDA)について「COVID(-19)のワクチンを承認すべきではない」との誤った主張をした。

 Twitterの広報担当者はこのツイートについて、「COVID-19について誤解を招く情報に関する当社のポリシーに沿ってラベル付けされた。このアカウントはTwitterのルールに繰り返し違反したため、1週間にわたって読み取り専用モードになる」と説明した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]