千葉大学発医療スタートアップの「Smart119」、総額約3億円の資金調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 千葉大学発医療スタートアップ企業であるSmart119は8月10日、ニッセイ・キャピタル、三井住友海上キャピタル、Sony Innovation Fund、PKSHA SPARX アルゴリズム 1号投資より、総額3億675万円の資金調達を実施したと発表した。

 同社は、現役救急集中治療医師が設立した千葉大学医学部発のスタートアップ。音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」、緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応システム「Smart :DR」など、急性期医療の問題を解決するためのSaaS型ソリューションを開発・運用している。

 Smart119は、千葉市消防局が2020年7月より本格運用を開始。またSmart :DRなど、病院向けソリューションについては、大阪急性期・総合医療センター、国立国際医療研究センター、りんくう総合医療センター、島根大学病院、千葉大学病院などに導入されている。

 同社によると今回の増資により、従来から取り組んでいた急性期医療分野における予測診断アルゴリズムなどの研究開発に、PKSHA Technologyの知見を取り入れ加速させていくとしている。

 また、日本生命・三井住友海上グループのネットワークを生かし、自治体・医療機関への営業活動を促進するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]