CCCグループ会社、データ連携し出版業界の新規事業促進へ--小学館らが出資

加納恵 (編集部)2021年08月05日 10時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ会社であるCatalyst・Data・Partnersは8月5日、学研ホールディングス、小学館、日販グループホールディングス、富士山マガジンサービスから出資を受け、事業領域を拡大。出版業界における新規事業の活用を促進していくと発表した。

Catalyst・Data・Partners
Catalyst・Data・Partners

 Catalyst・Data・Partnersは、同日に「株式会社TDS」からの社名変更も発表。デジタル、リアル、ファン、感性マーケティング事業を推進しており、今回の事業領域拡大として、出版社、書店、取次各社のデータを連携し、オープンにシェアすることによって、出版業界における課題解決および各社の新規事業への活用と促進を目指す。

 社名には、企業や組織がデータを占有するのではなく、「社会の発展」や「個人の幸せ」のために、より多くの個人、組織にシェアされ、利用しやすいものにしていくことを使命とし、その調和の速度を上げる触媒(Catalyst)としての役割の意味が込められているという。

事業内容
事業内容

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]