イーロン・マスク氏、アップルと係争中のEpicに理解示す

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月02日 10時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TeslaとSpaceXの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏が、Epic GamesとAppleの法廷闘争に言及した。

フォートナイト
提供:Angela Lang/CNET

 「フォートナイト」の開発元Epic Gamesは2020年8月、「App Store」から同ゲームが削除されたのち、Appleを訴えた。これに先立ち、Epicが同社のゲームに直接決済システムを組み込み、App Storeでの購入にAppleが課す30%の手数料を回避できるようにしていた。Epicは、反競争的行為だとしてAppleを非難し、App Storeが独占的だと主張している。一方のAppleは、Epicの訴訟をマーケティングのための演出だとし、App Storeによって開発者らは「iPhone」や「iPad」の膨大なユーザーにアクセスできると主張している。

 Musk氏は、「AppleのApp Storeの手数料は、インターネット上における事実上のグローバルな税金だ。Epicは正しい」とツイートした。

 「通常なら、競争圧力によってAppleは手数料を下げざるを得ないが、Appleと『Android』(を開発するGoogle)はスマートフォンを2社で複占している。インターフェースの親しみやすさを考慮すると、基本的には独占状態だ。Appleが課している30%の実質的な販売税は、ユーザーから見えないようになっているが、そうでなければ抗議されるだろう」(Musk氏)

 両社は、この訴訟の判決を待っているところだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]