Uber、運転手にロゼッタストーンの語学講座を無料提供へ

Angelique Chatman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年07月30日 12時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは米国時間7月29日、配車や配送のドライバーを対象に、Rosetta Stoneの語学講座を無料で提供すると発表した。目的は、ドライバーと利用者がより円滑にやり取りできるよう支援する一方、ドライバーに新たなスキルを学ばせることで、Uberに限らず仕事を見つけるのに役立ててもらうことだ。

Uberの看板
提供:James Martin/CNET

 ドライバーは、「Uber Driver」アプリから直接、Rosetta Stoneが提供する全24言語の学習プログラムに無料でアクセスできる。このパートナーシップは、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、英国、米国など30数カ国以上で、報奨プログラム「Uber Pro」を通じてゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの特典を獲得したドライバーを対象としている。Uberはまた、Rosetta Stoneと協力して、ドライバーと乗客の間でよく見られるやり取りに重点を置いた言語教育も開発した。

 Uberによると、ロンドンのドライバーの82%、ニューヨーク市のドライバーの90%が「言語学習の恩恵を受ける可能性のある」移民だという。同社はRosetta Stoneとのパートナーシップについて、ドライバーがUber以外にもキャリアを広げられるよう支援するという、より大きな目的に向けた取り組みだとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]