「HUAWEI P50」シリーズ発表--5000万画素カメラ、HarmonyOS搭載

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月30日 12時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の華為技術(ファーウェイ)は現地時間7月29日に開催したオンラインイベントで、「HUAWEI P50」と「HUAWEI P50 Pro」を発表した。まずは中国のみで発売する。

HUAWEI P50
提供:Sareena Dayaram/CNET

 両製品を見るとすぐ、同社がカメラに力を入れたことが分かる。P50とP50 Proの両方で、背面にあるカメラの突起が1つではなく2つになっており、背面の幅の3分の1以上を占めている。同社はイベントの前にこのシリーズの画像と動画を先行公開していたため、これはまったくのサプライズというわけではない。しかしそれにより、「P40」シリーズのデュアルパンチホールを取り払った、目を引く新しいデザインが実現した。

HUAWEI P50
提供:Huawei

 P50 Proの背面には、5000万画素のメインカメラ、6400万画素の望遠カメラ、4000万画素のモノクロカメラ、1300万画素の超広角カメラと、4台のカメラがある。P50もカメラ部分が同じように出っ張っているが、レンズが1つ少ない。5000万画素のメインカメラ、1200万画素の望遠カメラ、1300万画素の超広角カメラの計3台だ。驚くことに、基本バージョンの方がProバージョンより光学ズームが優れている(3.5倍に対し5倍)。どちらのモデルも、1300万画素の前面カメラを備えている。

 Qualcommの「Snapdragon 888 4G」を搭載しており、P50 Proにはファーウェイ独自の「Kirin 9000」チップセットを搭載したモデルもある。Qualcommは2020年、ファーウェイにチップを販売する許可を得た。P50 Proは8/12GBのRAMと128/256/512GBのストレージ、P50は8GBのRAMと128/256GBのストレージを備えている。

 P50シリーズは、独自OS「HarmonyOS 2」を搭載するファーウェイ初の新ラインナップの1つだ。HarmonyOSは、「Googleモバイル サービス(GMS)」に代わって同社のスマートフォンに搭載するために社内開発された。

 価格はP50 Proが5988元(約10万1000円)から、P50が4488元(約7万6000円)から。

P50シリーズを発表するRichard Yu氏
P50シリーズを発表するRichard Yu氏
提供:Sareena Dayaram/CNET

主な仕様

HUAWEI P50 Pro

  • 画面:6.6インチOLED、120Hz、2700x1228ピクセル、450ppi
  • 大きさ:158.8x72.8x8.5mm
  • カメラ:5000万画素のメイン、6400万画素の望遠、4000万画素のモノクロ、1300万画素の超広角
  • プロセッサー:Snapdragon 888 4G/Kirin 9000
  • バッテリーと充電:4360mAH、66W充電、50W無線充電
  • 防水防塵性能:IP68

HUAWEI P50

  • 画面:6.5インチOLED、90Hz、2700x1224ピクセル、458ppi
  • 大きさ:156.5x73.8x7.92mm
  • カメラ:5000万画素のメイン、1300万画素の超広角、1200万画素の望遠
  • プロセッサー:Snapdragon 888 4G
  • バッテリーと充電:4100mAh、66W充電
  • 防水防塵性能:IP68

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]