「Oculus Quest 2」、次期開発キットで複合現実に対応へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年07月26日 11時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、「Oculus Quest 2」のソフトウェア開発キット(SDK)の次期バージョンで「Passthrough API Experimental」を提供すると発表した。これにより、開発者はパススルーカメラと仮想現実(VR)グラフィックスを融合させて、複合現実(MR)を実現できるという。

Oculus Quest
提供:Facebook

 Oculus Questで実現するMRは、数年前から語られるようになっていた。Facebookは、このヘッドセットに搭載しているモノクロカメラを使って現実世界をスキャンし、VRを体験できるプレイエリアの境界線を描けるようにするだけでなく、ウェブブラウジングやLogitech製キーボードでの入力とパススルーカメラのデータを連動させるモードもいくつか追加してきた。また、ハンドトラッキングにも対応している。

Oculus Quest
提供:Facebook

 このAPIは試験的なもので、Facebookは2021年中に正式版を提供する予定だ。アプリの用途としては、仕事、ソーシャル、ゲームを提案している。

 パススルーカメラのデータを使用するアプリは、Quest 2のカメラで撮影した画像や動画に対し、アクセス、閲覧、保存ができないとFacebookは明言している。同社はVRでの広告配信を強化する取り組みを発表した際にも、データプライバシーを強調していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]