Netflix、新規会員数の伸び減速続く--売上高は19%増

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年07月21日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは米国時間7月20日、2021年第2四半期(4〜6月期)の決算を発表した。新規有料会員数は約150万人だった。前年の急激な伸びに比べると、今四半期も大幅な減速基調が続いた。1年前には、世界中の人が外出制限で自宅で過ごすことを余儀なくされ、気晴らしを必要としていた。会員数は世界の多くの地域で増加したが、地域別で最大の市場である米国とカナダで、2019年以来初めて減少した。

Netflix
提供:Angela Lang/CNET

 また同社は、ゲーム分野に進出しようとしていることを認めた。まず既存のサービスで有料会員向けに追加コストなしでモバイルビデオゲームを提供していく考えだという。

 会員数は第2四半期に150万人増加し、合計2億900万人になった。

 Netflixは4月、第2四半期の新規会員数が100万人にとどまるとの予測を示していたが、わずかに上回った。Thomson Reutersによると、アナリストのコンセンサス予想にほぼ沿った結果となった。Netflixは第3四半期の新規会員数が350万人になる見通しとしている。アナリストは、Netflixによる予測値を550万人と予想している。

 純利益は13億5000万ドル(1株あたり2.97ドル)となった。前年同期は7億2000万ドル(1株当たり1.59ドル)だった。売上高は19%増の73億4000万ドルだった。

 同社は第3四半期の1株当たり利益を2.55ドルと予想している。アナリストの平均予想は2.17ドルとなっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]