NVIDIA、ArmベースのRTXレイトレーシングとDLSSを披露

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2021年07月20日 12時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAが、自社のRTX技術をより多くのデバイスに拡大する取り組みを大きく前進させた。米国時間7月19日に開幕した「Game Developers Conference」のデモで、同社は初めてArmベースのプラットフォームでリアルタイムレイトレーシングおよびDeep Learning Super Sampling(DLSS)を披露した。

 NVIDIAは、ゲーム「Wolfenstein: Youngblood」と技術デモ「The Bistro」を使って高度なグラフィックスを披露した。いずれも、「GeForce RTX 3060」GPUとMediaTekのArmプロセッサー「Kompanio 1200」を組み合わせた。

 自社のRTXソフトウェア開発キット(SDK)のArmおよび「Linux」向けサポートを拡張し、RTX技術のDLSS、RTX Direct Illumination(RTXDI)、RTX Global Illumination(RTXGI)、NVIDIA Real-Time Denoisers(NRD)、およびRTX Memory Utility(RTXMU)を追加することで、このデモを実現した。

 Linuxおよび「Chromium」のArm向けRTXDI、NRD、RTXMUのSDKを19日にリリースし、RTXGIとDLSSについては「近く提供開始する」という。

NVIDIAの社屋
提供:David Paul Morris/Bloomberg via Getty Images

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]