Netflix、ゲーム分野への参入を計画か--Facebook元幹部を担当VPに

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月15日 14時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最大の動画配信事業者であるNetflixがさらに事業範囲を拡大し、今後1年以内にビデオゲーム分野に参入する見込みだと、Bloombergが報じた。これにより、Netflixはゲームという主要なエンターテインメント市場、つまり、ユーザーの興味を引くために最も激しい競争が行われている市場に参入することになる。

Netflixのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Netflixは米国時間7月14日、FacebookやElectronic Arts(EA)、Zyngaで幹部を務めたMike Verdu氏をゲーム開発担当バイスプレジデントとして迎えたことを認めた。ただし、それ以外についてはコメントを控えた。

 Netflixは以前から、視聴者がインタラクティブにストーリーを選んでいくアドベンチャー作品「ブラック・ミラー:バンダースナッチ」や、ライセンシングやマーチャンダイジングの提携を通じて、ゲームに関心があるかのような動きを見せていた。そして4月には、Netflixの最高執行責任者(COO)兼最高製品責任者(CPO)を務めるGreg Peters氏が、ゲームに対するNetflixの関心が高まっている可能性を示唆した。

 「当社はファンのコミュニティーをより深く掘り下げるあらゆる方法を理解しようとしている。その中でもゲームが非常に興味深い選択肢であることは間違いない」とPeters氏は語っている。「ゲームがエンターテイメントの一形態として重要なこと、ファンの体験をより深める方法としても重要なことは明らかだ」

 Netflixは全世界で2億760万人の会員数を有するまでに拡大したが、ライバルは直接競合する伝統的なテレビ局や映画会社だけではないと主張してきた。同社がエンターテイメント用の可処分時間を奪い合う最大の競争相手として繰り返し名指ししてきたのは、「フォートナイト」のようなゲーム業界の巨人であり、YouTubeのようなユーザー投稿型のプラットフォームだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]