Facebookグループ、専門家を指定してバッジ表示が可能に--誤情報対策で

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年07月14日 11時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間7月13日、「Facebookグループ」内で情報に詳しい人を、管理者が専門家として指定できるようにすると発表した。この機能の狙いは、Facebookが誤情報と戦う際の一助とすることだ。

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 新型コロナウイルスやワクチンなどの話題に関する偽情報がオンラインで広まる中、Facebookはより信頼性の高い情報源にユーザーを誘導しようと努めてきた。Facebookグループは公開または非公開を選べるオンライン空間で、ハイキングや子育て、料理といった多様なトピックがグループごとに設定され、グループの参加者らが投稿を通じて交流できる。グループ機能は、過激派や白人至上主義者、陰謀論者にも利用されてきたため、規則に違反するコンテンツへのFacebookの対策が不十分との懸念が高まっていた。

グループ内の専門家を示すラベル
グループ内の専門家を指定できるようになる
提供:Queenie Wong/CNET

 あるユーザーがグループ内の専門家の役割を受け入れると、特定の話題について知識が豊富だと他者に伝わるように、ユーザー名に並んでバッジが表示される。Facebookによると、このツールは、PCのブラウザーからアクセスする場合とモバイルアプリの両方で、一部のグループから順次利用可能になるという。

 Facebookはまた、フィットネスやゲームに詳しいユーザーが、自分がよく知る話題を明示できるようにする機能もテスト中だ。グループの管理者は、検索を通じて知識豊富なユーザーを見つけ、専門家としてグループに招待することができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]