変形する「第4の素材」と「3D smart&try」がファッションの未来を変える--パリコレデザイナーやワコールが語る

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファッションやファッション業界に関する学びの場を提供しているFashionStudiesのオンラインセミナー「SOuDAN オンライントーク」。第4回は、ファッションデザイナーの中里唯馬氏、ワコールの下山廣氏、アパレルパタンナーであるApparel Play Officeの大橋めぐみ氏が、素材や計測技術の進化によるファッションの現状と未来について語った。

FashionStudiesのオンラインセミナー「SOuDAN オンライントーク」第4回レポート
FashionStudiesのオンラインセミナー「SOuDAN オンライントーク」第4回レポート

 セミナーでは、中里氏が考案した衣服に使う「第4の素材」について、ワコールの下山氏が3Dボディスキャン技術を用いたサービス「3D smart & try」の狙いについて、それぞれ詳細に解説。第4の素材と3Dボディスキャンがどう連動し、ファッションの未来をどんな形に変えていく可能性があるのか、という点まで言及し、業界に身を置く人ならずとも興味深い議論が繰り広げられた。

針と糸を不要にするシステム「TYPE-I」と、第4の素材を使った「バイオスモッキング」

 自身の名前である「YUIMA NAKAZATO」というファッションブランドを展開する中里氏は、パリ・オートクチュール・ファッションウィークにも参加する、日本を代表する気鋭のファッションデザイナーの1人だ。

ファッションデザイナーの中里唯馬氏
ファッションデザイナーの中里唯馬氏

 同氏によれば、一点物のオートクチュールを作り上げていく際には、顧客との“対話”が重要だという。しかし、コロナ禍において直接対面で会話して洋服を仕立てていくことが難しくなったことから、同氏は「Face to Face」というプロジェクトを立ち上げた「世界中の人とオンラインで繋がり、お客様の服に宿っている記憶や思い出を聞かせていただきながら、服をデザインし直してお届けする」という新しい形のオーダーメードサービスだ。

キャプション
「Face to Face」プロジェクトにおける一例。ライダースジャケットがマントのようなシルエットに
「Face to Face」プロジェクトにおける一例。ライダースジャケットがマントのようなシルエットに

 ファッションデザインのオンライン化に限らず、技術やその進化に対する同氏の熱量は非常に高い。最近では、衣服を形作るのに必須となる道具と素材の両面から、発明とも言えるいくつかの技術変革を成し遂げている。その1つは、2万年も前からほとんど変化していなかった衣服の縫製に欠かせない「針と糸」だ。

 同氏は2015年から独自に研究を重ね、ついには従来の針も糸も必要なしに服を仕立て上げることが可能な「TYPE-I」というシステムを完成させた。ボタンと鋲のようなパーツを用いることで、裁縫に慣れていない人でも比較的容易に衣服を構成するパーツ同士を組み立てることが可能になるものだ。例えば、劣化してしまった襟の部分だけを、持ち主自身が新しいものに取り替えることなども簡単に行える。

衣服の一部の交換、カスタマイズを容易にする「TYPE-I」のパーツ
衣服の一部の交換、カスタマイズを容易にする「TYPE-I」のパーツ

 人の身体は成長や生活環境によって変化し続けるもの。しかしながら、それを包む服は「完成してしまうとなかなか変化させられない」。変化する身体と変化しない服は「相性が良くない」と言えるが、「針と糸で固定されてしまっている」ことを一つの問題と捉え、そこに解決の糸口を見出した。「瞬時にくっついたり離れたり、それが誰でもできるものを目指した」なかで「TYPE-I」が生まれたわけだ。

キャプション
ボタンと鋲のようなパーツを使って布同士をくっつける仕組み
ボタンと鋲のようなパーツを使って布同士をくっつける仕組み
衣服の一部を簡単にくっつけたり、取り外したりできる
衣服の一部を簡単にくっつけたり、取り外したりできる

 中里氏が生み出したもう1つは特殊な生地のある性質を利用した制作方法。これまで用いられてきた「植物」「石油由来」「動物(の毛や皮)」という3種類の素材に続く衣服用の「第4の素材」として、人工合成タンパク質による「バイオスモッキング」を考案した。「水分によって伸び縮みする性質がある蜘蛛の糸からインスピレーションを得た」というこの素材は、サイズや間隔、色などを変えながら緻密に設計された柄を布に印刷し、水に浸してから乾燥させることで変形する。布の形状やカラーリングを自由にコントロールすることができる技術だ。

コンピューター上で設計した人工合成タンパク質の配置
コンピューター上で設計した印刷用の柄
土台となる布に細かくプリント
土台となる布に細かく印刷
水に漬ける
水に漬ける
最後に乾燥させると設計した通りの形状に変化させることができる
最後に乾燥させると設計した通りの形状に変化させることができる

 狙い通りの形状を実現できるようになるまで何度も試行錯誤が繰り返されたというが、プリントの仕方をコンピューター上できめ細かく制御することで、現在では布を3次元で変形させて人の身体に合わせた衣服を作り上げることが可能になっている。同氏は「将来的には美容室で髪をカットするくらいの感覚で1点物の服を作れるようになるのでは」と期待する。

キャプション
バイオスモッキングで制作したファッション
バイオスモッキングで制作したファッション

下着以外の分野にも広がる「3D smart & try」の新たな可能性

 中里氏の取り組みについて、「自分たちの目指す方向といろんな意味でリンクして、可能性を感じた」とコメントしたのは、ワコール執行役員の下山廣氏だ。主に婦人用の下着を開発、販売してきた大手アパレルメーカーのワコールだが、同氏は「1つの商品をどれだけ多く作って、どれだけ多くの人に、どれだけ短い期間でお届けできるかがビジネス的な正解だった時代を長らく過ごしてきてしまった」と顧みる。それはワコールが望んでいた世界ではなく、結果として「ビジネス的にも正解ではないのでは」という疑念が生まれてきていると打ち明ける。

ワコール 執行役員イノベーション戦略室長3D smart&try事業担当 下山廣氏
ワコール 執行役員イノベーション戦略室長3D smart&try事業担当 下山廣氏

 そうした理由から、同社は現在、中里氏が提案する顧客1人1人に寄り添う物づくりのように、「顧客とより深く・広く・長くつながるために、1人1人のための1枚、といったアプローチを再度構築し直そう」という考え方でビジネスの改革にトライし始めている。その活動の1つが、同氏が担当している「3D smart & try」というシステムだ。

 前回の「SOuDAN オンライントーク」のレポートでも触れた通り、3D smart & tryは店舗に設置された専用ブース内で3Dボディスキャンができるもの。それによって得られた詳細な「3Dボディデータ」と、ワコールがもつ「インナーウェアに関するノウハウ」、さらには「AIとの対話で引き出した利用者の嗜好や悩み」などから、ユーザーに合う下着をリコメンドする。2021年4月末現在、新宿伊勢丹をはじめ16店舗で20台が稼働しており、利用者の累計は5万人を超えたという。

ワコール店舗に設置している「3D smart & try」
ワコール店舗に設置している「3D smart & try」
最初に3Dボディスキャンを行う
最初に3Dボディスキャンを行う
短時間のスキャンで詳細な3Dボディデータが得られる
短時間のスキャンで詳細な3Dボディデータが得られる
利用者の嗜好や悩みをAIとの対話で引き出す
利用者の嗜好や悩みをAIとの対話で引き出す
最終的にその人に最適な下着を提案
最終的にその人に最適な下着を提案

 下山氏が中里氏のバイオスモッキングに「可能性を感じた」と語った理由の1つは、その新しい素材・技術が3D smart & tryにも応用できる可能性があるからだ。たとえば現在のシステムに組み込んでいる「インナーウェアに関するノウハウ」の部分を、別のカテゴリーのノウハウに置き換えることで、異なる衣服かつ異なる顧客層に対しても最適なリコメンドができるようになる。仮に「バイオスモッキングを利用した衣服に関するノウハウ」のようなものに置き換えることができれば、全く新しい衣服やビジネスに発展する可能性もあるだろう。

「○○のノウハウ」の部分を入れ替えることで、さまざまなジャンルに応用できる
「○○のノウハウ」の部分を入れ替えることで、さまざまなジャンルに応用できる

 すでに一部でアウターのリコメンドに対応した3D smart & tryもテストしているとのことで、「(顧客の)反応はいい」と話す下山氏。将来的にはその人に似合うかどうか、フィットするかどうかというファッション観点からのリコメンドではなく、本人が目指している体型になれるようサポートする食事・運動プログラムを提示するなど、フィットネス・メディカル分野への応用を検討しているとも語った。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]